×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

口コミ投稿

 
口コミ投稿はこちら!
▲クリックで口コミサイトへGO!

携帯、スマホの方はこちらのQRコードを読み込んでください。

当店では、お客様からのご意見やご要望をお待ちしております。
お客様のお声を是非お聞かせください。

HOME»  豆知識

豆知識

帯について

帯の選び方

帯はきものの格に合わせて結びます。礼装には織りの丸帯か袋帯を選びます。しばしば「染めの着物に織りの帯」「織りの着物に染めの帯」と言われますが、これはあくまで基本であり、逆はいけないということではありません。染めの着物に染めの帯も、全体にはんなりと優しい風情が漂い素敵です。

帯の種類

袋帯
帯は8寸2分(31センチ)、長さ1丈1尺(417センチ)以上。結び方は二重太鼓です。帯の端から端まで柄の入った「全通柄」、帯の6割部分に柄のある「六通柄」、前帯とお太鼓部分にだけ柄のある「お太鼓柄」の3種類の柄付けがあります。佐賀錦や唐織といった金銀を使った格調高いものは礼装用に、染のものや織でも軽めの柄のものはおしゃれ着用にと、幅広く用いることができます。

名古屋帯
幅は9寸(34センチ)、長さ9尺5寸(356センチ)以上。手先から胴に折って仕立ててあります。扱いやすいのが特徴で、結び方は一重太鼓です。柄付けは袋帯と同じく3種類。織、染め、刺繍、絞りなど様々な技法のものがあり、主におしゃれ着、普段着用に用いられます。紬や小紋などに。礼装には合わせません。

半巾帯
幅は4寸(15センチ)、長さはまちまち。だいたい8寸(300センチ)くらいあれば、胴に二巻きできますが、いろいろな変わり結びを楽しみたいなら1丈(375センチ)以上あるものが理想です。単帯や帯結びを使わず、自由な結び方が楽しめます。普段着の紬や小紋、浴衣、袴の下などに。訪問着などにも合わせられる、織や刺繍などの華やかなものがあります。

作り帯
お太鼓部分と胴に巻く部分が別々になっていて、お太鼓の形がすでに作ってあり便利です。江戸時代の制服女中が、ひとりで手早く結べる方法として考案したとされています。胴の部分を先に身体に巻き、お太鼓部分を背中に乗せます。付けてしまえば全くわかりません。自分の体に合わせて作っておけば、帯結びが簡単で気軽にきものが着られ、持ち運びもしやすいので旅行などにも重宝します。

帯の仕立て

袋帯は、普通は芯を入れて仕立てます。織りがしっかりしていて厚手のものや、好みによっては芯を入れないで仕立てることもあります。芯を入れないで仕立てるものは、お太鼓もかっちりと四角くならず柔らかい印象の帯結びになります。名古屋帯は、 芯を入れて手先から二巻き分までを半分に折って仕立てたものです。この方法だと前幅が決まってしまう為、背の高い方や広めが好きな方は開き名古屋(手先の部分 に裏を付けて開いた状態で仕立て、自分で好きな幅に折りながら巻くもの)という仕立て方にする方法もあります。また、八寸帯は、両端とたれ先だけをかがる仕立て方 です。

着物のお手入れについて

染み抜きについて

着物を着るときは皆様汚れを付けないように気を使うはずです。綺麗に着ていても汚すのが心配でじっとしていたり、美味しいお食事もあまり食べられなかったなんてことがあるのではないでしょうか。
ですが、まず汚してもよいからリラックスして気軽に着物を楽しんでください。せっかくの着物ですから気持ちを楽にお召しになるほうが、きっとあなたを素敵に演出することができると思います。
そのかわりお召しの後、汚れていたら必ずきれいになるようお手入れをしてください。
今は技術も良くなり以前は落ちなかった墨や、血などの染みも早いうちならきれいに落とすことができます。こまめなお手入れは結局、放っておいて後でするよりお値段的にも安くあがるのです。

輪染みについて

着物に着いた染みを完璧に綺麗にする為には、その付いた汚れを完全に生地から取り除かなければなりません。衿などの汚れを取るためベンジンなどで拭くこともあるかと思いますが、汚れが薄まり広い範囲に広がり綺麗になったように見えるだけで、実際は生地から汚れのもとはあまり取れておらず、このまま放っておくとその広い範囲にやがて輪じみが出てくることがありますので注意が必要です。あくまでも一時的な処置です。長期間着ない場合には専門店へお出しください。
また夏物や単衣の脇の下なども汗の輪じみが出やすい部分ですのでお気を付けください。

汗について

「汗」は、かいた時にはそれほど目立ちませんが、後になって、黄変や輪染みの原因となります。
ドライクリーニングや揮発性のお手入れでは汗が生地から逃げていかないので、水で洗い汗抜きをしてやることで衿やお背中、脇、袖口といった箇所の、変色が防ぎやすくなります。
袷、単衣、薄物と、お着物の種類を問わずシーズンを終えた後には、「汗抜き」のお手入れをおすすめいたします。

汚れやすい場所

衿、袖口、裾の裏。この3箇所が着物を着たとき一番汚れ易い場所です。次いで膝の前、袖の袂、胸元などを注意してください。
着物の汚れを残さずチェックするためには、自分なりの着物に眼を通す順序を決めておくのがポイントです。毎回ばらばらに汚れを探すのでなく同じ順序で見て行くとうまく全体に眼が配れます。

応急処置

万が一、着物を汚してしまった場合、乾いた布で軽く叩き汚れを布に移し取ってください。その際、強くこすったり、水分の多い布で拭くと、生地を痛めたり汚れを広げる原因になることがありますので注意してください。
染み抜きの仕方も本などに色々出ていることと思いますが呉服屋から見て一番良い方法は、汚れがそれ以上ひどくならない程度に拭き取り、後はあまりいじりすぎないことです。着物の生地の絹は非常にデリケートな素材のため、汚れを落とそうとこすりすぎるだけで生地の目を痛めてしまうこともあります。また「輪染み」の項にも書いてありますが、生地の汚れを完璧に取り除くのは難しく中途半端のまま置いておくうちに時間がたち汚れが残ることがあります。
ですので、応急処置を施したのちに呉服店にお持ち込みいただくのが最善です。

保管法

着物の保管法は湿気を持たせないことが一番大切です。お召しの後は風通しの良い陽の当たらない所へ1日ほどかけて、良く湿気をとばしてください。(長い時間かけすぎると生地が垂れてきて、仕立てが狂うことがありますのでご注意ください。)虫干しができないときでも湿気の少ない時期に箪笥の引き出しをあけて風通しを良くすることだけでも違うと思います。
また防虫剤のことでよくご質問を受けますが、今の家屋では虫が出ることも少なくなってきたと思います。以前はウールの着物なども多かったため虫に食われることも多かったようです。逆に防虫剤は薬が溶けて気体のガスを発生させ虫を駆除しますが、このガスが着物(特に袋帯など)の金糸や銀糸などの金属糸に影響を及ぼし黒く変色させたりすることがあるようです。2種類以上の異なる防虫剤を使うと特に顕著に出るようですが、1種類でも品物のそばに置いてあると影響が出やすいようです。
着物の和箪笥用の湿気取りなどが一番良いようですが、これも長い間入れっぱなしだとそこの部分に湿気が集まりシミの元になりますのでご注意ください。
 

古いお襦袢を生かす方法

生け洗い

生け洗いは、部分的な染み抜きでなく着物を丸ごとお洗いする洗い方です。
お洋服と違い、仕立てや加工は非常に繊細に出来ておりますので、大きい洗濯機で洗うようにはいかず、着物に付いた汚れに応じて丁寧に洗っていきます。
絹物ですので水に通すことには気を使わなければなりませんが、着た後にハンガーに掛けておいただけでは飛ばない汚れや(着物に大敵な湿気はこれが一番ですが)部分的な染み抜きでは抜ききれない全体に広がった汗や油分などはこうした生け洗いの方法をとるのが良いかと思います。
着る度に生け洗いする必要はありませんが、自分で大分汚れたなと思うときや長いことお手入れしていないときには、シーズンの変わり目などに一度してみてください。

袖口の汚れがひどい場合

襦袢に限らず、お着物類は衿、袖口、裾が一番汚れやすい部分です。 襦袢の場合、衿は半衿を取り替えることで奇麗にすることができますし(化繊の半衿を使っていればご自分できれいに洗うこともできます。)裾はお着物よりも短めになりますので、まだ気になりませんが一番着になるのは、袖口の汚れではないでしょうか。
袖口は着る度に肌とすれますので、自然と汚れが付きやすくなります。
洋服のワイシャツやブラウスでも、一番汚れやすかったり、ほころびやすかったりするはずです。
袖口の汚れは、着た後にたっぷりとしたベンジンで拭いて汚れをとることができます。 (ご自分で汚れを拭くときには、汚れている所をちょこちょこと拭くのでなくたっぷりとしたベンジンで広い範囲をお手入れすることが後々輪染みが残ったりしないコツです。)
着物は気を使いながらしまいますが、お襦袢は以外と簡単にしまってしまうことが有りますので汚れたままでしまっているうちに、黒く残ったり、茶色い変色した汚れが取れなくなってしまうことがあります。
お母様の古い襦袢をいただくと、そうなっていうことが多いかと思います。
あまり汚れのひどいときには、袖の仕立てをほどいて袖付けと袖口を入れ替えてお仕立てし直します。
仕立ての跡は筋が残ることもありますが、着た時の袖口は今まで縫込みのなかだった所が出ますのできれいにお召しになれます。
 
Before
Before
After
After

染め替え

古い全体に汚れが付いて生け洗いでもきれいにならない襦袢や色が黄ばんでしまった礼装用の白い襦袢などは、思いきってお染め替えするのもひとつの方法です。
和服は仕立て上がりをほどいて縫直すと、元の1反の反物に戻りますので、もう一度一から染め直すことができます。
少し濃い目の色に染めればちょっとした黄ばみやシミも目立たなくなりますので普段お店では売っていないような洒落色を選んで染めて紬や小紋などの普段着の下に着るお洒落襦袢にするのも楽しいかと思います。
染め直した生地を袖だけ晒の肌着に付けて「うそつき」の襦袢を作ることもできます。
元の襦袢の袖と両身頃をそれぞれ違う色に染めて3色のうそつき襦袢にすることもできます。

古い着物を生かす方法

染み抜き

付いた染みの性質により使う道具や薬剤を替えながら、染み抜きしてゆきます。
強い汚れが柄の上に付いている時には、下の地色や柄の色ごと汚れを強めの薬で抜いてしまいます。その上でもう一度最初の柄通りに、色をさし、箔を置きといった加工を施して仕上げてゆきます。
洋服のクリーニング店でも着物の洗いはしておりますが全体的な汚れは落ちても、こうした緻密なお直しはできないと思いますので注意を払いながらのお手入れが大切です。
染めのお着物は先に書いたような手順できつい汚れも落とせますが、問題なのは細かい絣柄の紬のお着物です。
紬の柄出しに使われる絣は糸の1本1本を縞々に染めその組み合わせで柄を織り出します。
そのため強い薬を使い糸の絣が抜けてしまうと元に戻すためには糸を1本づつ染めなければなりませんが織り上がった生地ではそれができませんので、あまり強い染み抜きができません。
本来一番普段着の紬ですので、汚れやすいのは当然ですが特に薄色のものは、着た後に気を付けて汚れをあまり放っておかない方が良いでしょう。
同じように、江戸小紋やろうけつの吹雪とうのお品も強い染み抜きがしにくいのであまり汚れたままお時間がたたないようにお気を付けください。
 
Before
Before
After
After
 

生け洗い

生け洗いは、部分的な染み抜きでなく着物を丸ごとお洗いする洗い方です。
お洋服と違い、仕立てや加工は非常に繊細に出来ておりますので、大きい洗濯機で洗うようにはいかず、着物に付いた汚れに応じて丁寧に洗っていきます。
絹物ですので水に通すことには気を使わなければなりませんが、着た後にハンガーに掛けておいただけでは飛ばない汚れや(着物に大敵な湿気はこれが一番ですが)部分的な染み抜きでは抜ききれない全体に広がった汗や油分などはこうした生け洗いの方法をとるのが良いかと思います。
着る度に生け洗いする必要はありませんが、自分で大分汚れたなと思うときや長いことお手入れしていないときには、シーズンの変わり目などに一度してみてください。

洗い張り

お着物を一度全部といて、反物に戻してから、全体を洗いお仕立てし直します。
普段着に着ている着物を相当汚れるまで着てしまってから洗い張りすることが多いです。

汚れを落とすためには先に書いた「生け洗い」をすることが多いですが寸法を直すためにお仕立てし直したり、裾まわしや胴裏を取り替えるときには一度ほどきますので、洗い張りをしてからお仕立ていたします。

衿の汚れのひどいとき(衿の切り替え)

着物の衿は、もっとも汚れやすいところです。 女性の場合はファンデーションなどが付きやすいですし夏のものは汗もかきますので、何回か着ていると必ず汚れてきます。
着た後のお手入れはご自分でもできますが汚れやすいところゆえ、長い間着ているお着物は染み抜きとうでは落ちきらない、色褪せた感じのシミが衿山に筋のように残ることがあります。古いお着物をいただいた時には、残っている衿の汚れが気になることも多いはずです。
着物の衿は、主衿と共衿(かけ衿とも言います)の二つのパーツから出来ています。
主衿は5尺5寸から6尺くらいの長さで、その上にちょうど首に当たる所へ2尺5寸位の共衿がかけてあります。この共衿は汚れた衿をかけ替えることで、着物を長く着るためとも言われておりこの共衿の分を残布で残すように仕立てることもしていたようです。
(衿は反物の半巾で使いますので、その用に残布を残すと最初に仕立てている分と合わせ、3回分の共衿が使えます。)
その代わり、このようにたっぷり残布を残すと、全体の総丈が短くなりますので、身頃の縫い込みが少なくなりお嬢さんに譲って身丈を延ばそうとしてもできないということも多いので私共の店ではなるべく残布よりは身頃の縫い込み(内揚げとも言います)に使うようにしております。
その残布として共衿が無いときには、今付いている「衿を切り替え」て仕立てます。
主衿から共衿の長さの分を切り離します。そこへ古い汚れた共衿を縫い付け先ほど切り離した生地を共衿として、その上から縫い付けます。
そこまででできた衿は、きれいな共衿がかかり、その代わり古い汚れた部分が共衿の端に出てきていますので、その汚れた方を着物の下前側(右側)になるようにして仕立てます。
そうすることで、広げた時には汚れた部分が見えますが、着てしまえば汚れは下に隠れて着物姿はきれいな所だけが出るようになります。
洗い張りの時に、ご一緒にしてみてください。

胴裏に茶色いシミが出てしまったとき

着物は色を染めてから余分な染料を落としたり、伏せ糊を落としたりするために、何回も水を通して洗いますが、胴裏の生地は織り上がったそのままの生地のため生糸ののりけもそのまま残っておりますので、着物に染みは出ていなくても、胴裏には茶色い点々の染みがたくさんということが古い着物にはよくあります。
生地が変色しているだけですので気にせず着てしまえば着られないことはありませんが、やはり着ていても落ち着かないという時には一度ほどいて、表を洗い張りして、新しい胴裏に取り替えてお仕立て直します。

古いお着物で八掛の色がどうも気に入らない時はこの時に八掛も取り替えて、自分なりの組み合わせで楽しむのが良いと思います。
古い八掛も生地さえ弱っていなければとっておけば、またいつか役に立つはずです。
せっかく古い着物をもらったのに、洗い張りしたり胴裏を新調したりじゃちょっと費用がかかりすぎるかな、と言う時には袖の胴裏だけを取り替えることもできます。
身頃の胴裏は着れば外からは見えませんが袖の胴裏は振り口や袖口からちらちらと見えることもあります。
そこで、袖だけほどいて、胴裏を取り替えてお仕立て直すと外から見える部分は新しい白い胴裏が見えますので着ていてもあまり古いお品だとは分からないはずです。
古いお品にどれくらい手をかけるかはその方によって様々ですが、色々な方法があることを覚えておかれると、役に立つはずです。
 
胴裏に茶色いシミが出てしまったとき
 

裄の足りない着物を着たいとき

最近は皆様、身長や体系に比べて、裄(洋服で言う袖丈)が大分長くなってきています。
着物の裄は、腕を下斜め45度に伸ばして袖口が腕のくるぶしの所に来るのがちょうどですが、手を前で組んだりするとにょきっと腕が出ているように感じられるようです。

そのような理由から、裄を長め長めにとの御注文もありますが洋服のときは、手の甲にかかるくらいの丈で着ることもありますが着物の裄はあまり長くすると、ドアのノブや取っ手に引っかけやすくなりますので先ほどのちょうど良い寸法にしておくのがよいでしょう。

いただいたお着物を着る時には、裄が足りないこともあります。その時は、袖付けをほどいて元の仕立ての筋を消し、裄の寸法を伸ばして袖付けを仕立て直します。

この時注意することは、裄の縫い込が伸ばす分だけあるかどうかと伸ばした跡がきれいに消えるかということです。縫い込みは指先で触れば、どのくらいあるかすぐ分かるはずです。

仕立ての跡は、縫い込みの外と内でが色が変わっていることや筋がきつく残っていることなどがあります。
生地や色柄で直しやすいものと、難しいものが有りますので少し試しに袖付けをほどいてみて、確認してからほどきます。

裄を伸ばすときのもうひとつの注意点は同じ裄寸法でも、人により肩巾と袖巾のバランスが違うこともあるということです。

このバランスが着物と襦袢であまり違うと振りや身八つから襦袢が出たりすることがあります。
ぴったり合っていても、表の生地の素材や地風で襦袢が出ることもありますが、あまり気になるときは、更めて寸法を見てみるとよいでしょう。

丈の足りない着物を着たいとき(足し布)

着物は身丈が長い分には融通をきかせて着ることができます。
お母様の着物や知人からいただいたお着物を着るときに一番困るのは身丈の足りないときです。

以前は着物は(特に普段着は)短めに皆さんお召しになっていました。
最近ではたとえ普段着といえど着物を着るときにはドレッシーな雰囲気にお召しになりますので、すこし長めのお召し方が多いようです。
また、最近の女性の体系は昔に比べ、足が長くなりウエストの高さが高くなってきています。そのため、同じ身長でも腰紐の位置も上になりおはしょりが長めに必要になりますので、身丈も長めに要るようになります。
「娘と同じ身長なのに、娘が着ると身丈が足りない。」といったお話しもよく伺います。

腰紐の位置を低めに締めれば、短い着物でも着ることができますがよっぽど着慣れた方でないと、着にくいはずです。
短めのお着物は、一度ほどいて筋消しか洗い張りをしてから身丈を長くしてお仕立てし直します。
この時注意が必要なのは、まず着物に縫い込み(内揚げといいます)があるかどうかを確認することです。着物をほどいて仕立て直すときは一番裾は生地の目もみだれてきていますので5分から1寸(2~4センチ)ほど切り落として行きます。そのため、内揚げが無い着物は仕立て直す度に身丈が短くなって行くことになります。
表の内揚げが十分にあるときには、裏を見て胴裏と裾回しの縫いしろが表と同じように十分あるか確かめます。延ばす丈の分と、裾を切り落とす分が縫いしろの中に無ければなりません。
それが足りないときには、胴裏か裾回しを取り替えるか、胴裏と裾回しのあいだに、足し布をして仕立てます。
表の内揚げが十分でないときには、胴に足し布をして身丈を延ばしてお仕立てします。

2寸(7~8センチ)位の伸ばしですむときは身八つ口の少し下、ちょうど帯の胴巻の下に隠れる所に足し布をしてお仕立てします。
帯の下に隠れますので、きた時に外からは見えませんので表と違う色の生地でも大丈夫ですが、表の色に合わせて短い生地を染めて足すこともあります。

上の足し布の仕方ではまだ短い場合は、衿先の少し上、着物のおはしょりの下に隠れる位置に足し布をします。この足し方だと4寸(15センチ)位の長さを足すこともできます。
この場合は、着方や紐の位置でおはしょりの出し方がずれると足し布が見えることもありますので、あらかじめその方の腰紐の位置とおはしょりの位置をしっかり決めてから足し布の位置を決めます。

上前の膝前の汚れのひどいとき(天地の切り替え)

着物で知らず知らずのうちに汚れてくるのは膝前の身頃でしょう。すわると自然と手を置くところですし食事をしていても、汚しやすい場所です。
小紋や紬など柄の位置あわせがないお着物のときには洗い張りする時に、胸の帯下にはいる位置で身頃に鋏を入れ上前の身頃と下前の身頃を入れ替えてお仕立ていたします。
お着物の直し方としては、最終的な手段になるかと思います。

道行きコートや羽織へのお仕立て直し

小紋の着物などは、着物で着るのに飽きてしまったり派手目になってきたりしたら、道行きコートや羽織にお仕立てすることができます。
袖と身頃はそのまま使いますが、コートの立て衿は着物の衽を使ってお仕立ていたします。

通常コートの立て衿は一反巾の生地を半分におって仕立てておりますが着物の衽は半巾に裁ってお仕立てしてありますのでコートに仕立て直すときは裏地を当ててお仕立ていたします。

外から見たときには分からないように仕立てますが実際は衿は本来のお仕立てと異なります。
もう着ないと思っていた着物でも、以外と生かせる道もありますので無駄にしないで、色々と検討してみてください。

染め替え

染め直しには大きく分けて「もとの染めを生かしながら直す方法」と「色を抜いて白生地に戻してから染め直す方法」が有ります。

もとの染めを生かしながら染め替えるには、
①もとの柄などを染まらないように糊でふせた上で染める方法と
②全体に上からちがう色をかけてしまう方法があります。

①の方法は、もとの柄を生かせて地色だけ替えることができますが以前に比べると手間の代が大変高くなり、一から染めるくらいの費用がかかることもありますので、最近ではだいぶ少なくなっています。
②の方法は、生地の上から違う色を全体にかけてしまいますので手間や費用はそれほどかかりませんが、出来上がりの色合いは実際に染めて見ないとはっきりと分からないため、思ったとおりに染めるのが難しいところがあります。また、柄の上からも色がかぶってしまいますので、地の雰囲気以上に柄の雰囲気は変わってしまいます。
この方法では、染物にするより、白やベージュ、グレーといった薄色の紬に紺、緑、紫といった濃い目の色をかけて、染め直すことが実際には多いです。
絣の白めはきえてしまいますが、黄変や色変わりを隠したりもできます。
染め替えで一番多いのは、一度もとの色を抜いて白生地に戻す方法です。きれいに色が抜けていれば、無地に染め直すこともできますし、少々前の色柄が残っても、小付けの小紋柄などを染めればあまり目立たなくなります。

染め替える時の注意点は、色や柄以上に、生地のすれなどが染め替えると目立ってくる点です。白くきれいに色が抜けても生地にすれなどの傷があると、染め直してから色のむらや白っぽいすれになって出てきます。一度ほどいて色を抜いてから駄目でしたでは、勿体ないので事前に染め直しがどの程度可能か、よく職人さんと相談してからしなければなりません。

場合によっては、生地の裏と表を逆にして染め直したりも致しますが綸子の生地の場合は、雰囲気が変わることもあるので注意しながらいたします。
生地から色を抜くときは、どうしても少々は生地を痛めることにはなります。
もとの生地にもよりますが、やはりしっかりした生地のお品は染め替えしても良い仕立て上がりとなりますので、お買いお求めになる時に、まず生地のしっかりしたお品を選んでおくことは永くお着物を大事にする上で、大事なポイントとなります。
また、丈を長く仕立て直すときには縫い込があるかどうかなどをちゃんと調べてから加工にかかるように気を付けなければなりません。

江戸褄などに白い点々(かび)が出た場合の対処

ご結婚式の直前になって、黒の江戸褄に白い点々と付いてしまいあわててお持ちになる方が時々あります。
さあ着ようと思って久振りに箪笥から出すと、一面に白い斑点があってびっくりされてしまうのです。

湿気っぽいまま長い間しまっておいて、カビが白い点々となって出てきているのです。いつも着るわけではなく、色も濃いために江戸褄や喪服はこのカビの汚れが目立ってしまいます。
これは生け洗いして水を通して洗えば大抵は綺麗になります。
生け洗いは多少お時間もかかりますので、念のために着用が決まっているときはしばらくまえに一度出して、見ておいたほうがよいです。

また長い間着ないでいて樟脳の匂いなどが取れなくなってしまった時も全体をお洗いすることでずいぶん良くなります。
着た時に十分風を通してからおしまいいただくのが、一番良い予防法です。

江戸褄、色留袖の比翼が汚れてしまった場合の対処

江戸褄や色留袖には昔の襲着の名残で比翼が付いています。
比翼は衿、袖口、振り口、衽から裾にかけてと外から見える部分に、白い羽二重で襲着風にもう一枚着ているようにお仕立てしてあります。

白い羽二重で仕立ててありますので、汚れやすいところでもあります。お着物と同じように袖口は汚れが目立ちやすく、染み抜きを時々していてもなかなか汚れが落ち切らなくなってきます。
汚れが落ち切らないときは、袖口の比翼を新しく取り替えてしまいます。袖口だけ新しくなって、振り口と白さが違って気になる時には振り口も一緒に取り替えます。
袖や振り口は独立して付いておりますので、取り替えることもできますが衿の比翼は衽や裾の比翼につながっておりますので、そこだけかえることもできません。その時には、白い羽二重を衿の比翼の上からかけてしまうことがあります。

比翼の衿は着物の衿と同じように、主衿と共衿がありますが上からかけるときには各々にかけることはできないので、全体に新しい羽二重をかけてしまいます。
主衿と共衿の境がなく白い伊達衿のようになり、多少変則的なお直しの仕方ですがあまり目立たないのと、衿元でお顔に近いところが綺麗な白になりますのでお召しいただくとだいぶ綺麗になりますので、この方法をとることもあります。

羽織を生かす方法

道行きコートに仕立て直し

羽織とコートの大きな違いは、衿の形とともに脇にまちがあるかどうか、という点があります。
羽織の衿は衿先から反対の衿先まで、並巾のまま折って使ってありますので広げて裁てばコートの立衿として使えます。
また羽織にはまちがありますが、コートには無いので、やはり羽織からコートのお直しはできますが、逆はお仕立てができません。
お直しする時の注意点としては、先ほど書いたように折ってあった衿を広げて使いますので衿の折れ目に汚れや筋が残って無いかということです。
羽織のままだと目立ちませんが直すと目立つ時もあるので注意が必要です。
以前は短めの羽織をお召しになることも多かったので羽織の丈を延ばしてコートやもう一度羽織にお仕立て直しということもあります。

丈を延ばす時には、身頃の引き返しと、羽裏の縫い込みが十分に有るかが大事ですが身丈は十分でも、衿の縫い込みが無いこともありますので十分に注意してください。
ほどいてしまったは良いけれど、結局寸法が変えられないと言うことになってしまいます。
羽織の裏を変えることでイメージを変えたり、身頃の前後を変えて紋付き羽織の紋を隠すことなどもできます。

お羽織は、普段着のお着物にはとっても重要なお洒落のポイントになります。是非大事に使って見てください。

お問い合わせ

当店についてのお問い合わせはメール・お電話にて承っております。
些細なことでも構いません。お気軽にお問い合わせください。

TEL:043-489-4337

メールでのお問い合わせ